· 

私の色眼鏡はどんな色?

「こうなりたい」

「そんな風に過ごしたい」

「これは絶対実現したい!」

 

目標、夢、ゴールがあることは、

今現在の自分の行動、思考のモチベーションアップに繋がりますよね。

 

また、

目標や夢、ゴール…というより、

自分が何を望むのか、わからない…

このような時、

その見えないことにプレッシャーを感じてしまうこと、

ありますよね。

 

このような時、

自分へ向けるジャッジがいつも以上に、

厳しくなって自己肯定感を下げる意識が優位になったり。

 

夢やゴールがある、ない、

それが、

良い?悪いということはないのに。

 

状況やタイミングや様々なことが、

今、この瞬間を構成している。

 

自分自身を含めて、

自分を構成する要素はひとつじゃない。

 

目標、夢、ゴールもその一部だと思います。

 

好きなこと、興味がわくこと、楽しい環境、

美味しい食事、心をワクワクさせること、

愛情を向ける物事・人、

大きな悲しみ、漠然とした不安…

 

すべて変わりゆくもの。

 

目標、夢、ゴールも同様に変わりゆくもの。

あるときもあれば、ないときもある。

明確に情熱を注ぐものがあるときもあれば、

何に対しても関心が向かないときもある。

 

空をみる。

雲がある。

その雲は止まっているように見ればそう見える。

ゆっくり動いているなって見ればそう見える。

 

もしくは、

空を見ても、雲があることすら気づかないこともある。

 

その時自分が何を見るのか、見えるのか、

また、

何が見えていないのか。

 

自分がみたいことしかみえない。

 

色眼鏡で観てしまう。

 

それでも、

色眼鏡で観るときもあってもいいと思う。

 

それも含めて、

自分を構成する要素の一つにすぎず、

それが全てじゃない。

 

色々な体験をし、学習し、智慧を身につけ、

考え、行動し、試行錯誤を繰り返し、

 

それでも歩みを止めないって、

前進するって意識をもっていれば、

 

未来の自分が導いてくれる。

 

自分を諦めることが一番自分が悲しい。

私はそう思います。

 

小さくても今日の私が出来ること、

それをする。

 

こんな時もあっていいと思う。